やる気について(4)

スイッチE

「淡蒼球(やる気の出る脳部位)」を動かすための起動スイッチ4つの中の2つ目は、スイッチEです。

Eとは、Experience(経験)のE。

いつもと違うことをすると入るスイッチです。

これは、主に記憶をつかさどる脳部位「海馬」との関係があります。「海馬」が活動すると、つられて「淡蒼球」も動き出すのです。

私たちが日ごろ体験したことは、「海馬」を通じて脳に蓄えられ、貴重な記憶や知恵へと変わっていくのですが、その経験がパターン化されて繰り返されると、情報が「海馬」まで届かなくなり活動しなくなります。

逆に今経験していることが初めてだったら、それは脳にとって一大事。重要事項として「海馬」に知らされます。この時、「海馬」は「淡蒼球」も含め様々な脳部位を使って対処しだします。

マンネリ大好きな脳を常に刺激

しかし、それもまた何度も繰り返すとわざわざ「海馬」が顔を出さずとも、周りが処理を代行しだし、「海馬」は必要なくなってくる…。

つまり、「海馬」を活動させるには、脳がマンネリする前にちょっと違う要素を常に取り入れ、その情報を非常事態としてとらえさせることが重要なのです。

どんなに新鮮な経験もすぐにマンネリ化(馴化)させて当たり前のことにしてしまう脳に負けないように、「いつもと違う場所」に行ったり、「いつもと違うもの」を味わったり・・・、

少し目線を変えながら、「海馬」⇒「淡蒼球」を動かし続けましょう。【あか】

0